ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです



このページは、トーメンエレクトロニクストップの中のIR情報の中の経営情報の中の情報開示方針(ディスクロージャー・ポリシー)のページです。

情報開示方針(ディスクロージャー・ポリシー)

当社グループは、次の目的実現に向けて、効果的で一貫性のある情報開示を組織的に展開していくことを社内規定として定めております。

  • 積極的かつ効果的な情報開示や説明責任を果たし、ステークホルダーとの信頼関係を構築する。
  • 情報開示における適時性と公平性を図り、当社の企業価値を正しく反映した適正な株価の形成、社会的評価の形成を図る。
  • ステークホルダーとの双方向コミュニケーションを通じ、ステークホルダーの声を経営にフィードバックし、企業価値の向上に役立てる。

情報の開示方法

会社法及び金融商品取引法等における法律に定められたディスクロージャーについては、法令に定められた方法にて適正に行っております。また、株式会社東京証券取引所の定める有価証券上場規程に該当するディスクロージャーについては、同規程に従い、同取引所への事前説明の後、同取引所の提供する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」へ登録し、速やかに報道機関に同一情報(開示書類)を提供いたします。本サイトにおける情報の提供については、金融商品取引法施行令に定める公表措置のルールを踏まえ、同取引所が提供するインターネットサイト「適時開示情報閲覧サービス(東証ホームページ)」に開示書類が掲載された後速やかに行うことといたします。

ただし、TDnetによらず2社以上の報道機関に直接情報を公開した場合、又は、東証ホームページに障害が発生したことにより同ホームページに開示書類が掲載されなかった場合には、公開日の翌日に本サイトへの掲載を行うことといたします。なお、PDFファイルその他ツールの準備の都合上、これらの情報の掲載時期が遅れることもあります。

免責事項

本サイトに掲載している投資家向け情報は、当社の財務情報、経営情報等の提供を目的としておりますが、その内容についていかなる表明・保証を行うものではありません。

本サイトに掲載している情報のうち業績の見通しに関する記述は、現時点で入手された情報に基づき当社が判断した予想であり、潜在的なリスクや不確実性が含まれております。実際の業績は様々な要因により、これらの業績予想とは大きく異なる可能性があり、当社としては、皆様が本サイトの情報を利用されたことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。なお、当社は新たな情報や将来の事象により、本サイトに掲載された将来の見通しを修正して開示する義務を負うものではありません。

本サイトに情報を掲載する際には、当社は最新の注意を払っておりますが、掲載した内容に誤りがあった場合や、第三者によるデータの改ざん、データダウンロード等によって生じた損害等に関し、当社は事由の如何を問わず一切の責任を負うものではないことをあらかじめご了承ください。

また、本サイトへの情報の掲載は、投資勧誘を目的としたものではありません。
投資に関するご決定は皆様自身の判断で行うようお願いいたします。

沈黙期間

当社では、決算発表前1ヶ月間を「沈黙期間」とし、沈黙期間における決算に関連する質問については、一切の回答を差し控えさせていただいております。なお、沈黙期間中に業績について従来予想を大きく乖離する状況が予想される場合には、適宜プレスリリースにより情報開示を行うこととしております。



ページの終わりですページの先頭へ戻る