ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです



このページは、トーメンエレクトロニクストップの中の会社情報の中のよくいただくご質問のページです。

よくいただくご質問

会社情報

経営戦略

決算・財務情報

その他

会社情報

Q1.
会社が設立されたのはいつですか?
A1.
1972年9月6日 帝人アドバンストプロダクツ株式会社として設立されました。
1983年12月 全株式が帝人株式会社より株式会社トーメンに譲渡されました。
1984年2月 旧株式会社トーメンエレクトロニクスを吸収合併し、社名を帝人アドバンストプロダクツ株式会社より株式会社トーメンエレクトロニクスへ変更されました。
2006年4月 豊田通商株式会社が株式会社トーメンを吸収合併し、豊田通商株式会社が当社の親会社となりました。
Q2.
トーメンエレクトロニクスはメーカーですか?商社ですか?
A2.

トーメンエレクトロニクスは、国内外を問わず、情報、通信、家電、産業機器、アミューズメント、オートモーティブなど幅広い分野で、半導体、電子部品、ボード類・機器を中心とした最適な製品やサービスを提供しているエレクトロニクス商社です。
当社グループの事業内容については、こちらをご覧ください。

Q3.
トーメンエレクトロニクスの特長(強み)は?
A3.

当社グループの主な特長(強み)としては、次の6つが挙げられます。

  • 品揃えと幅広い顧客層
    当社グループにおける取扱い製品の品揃えは、半導体素子から電子部品、ボード類・機器、自社企画製品に至るまで幅広く、多種多様な用途に展開しております。
    当社グループのお客様が注力されている分野も産業分野から民生分野までと幅広く、当社グループは、ほぼすべての大手電機メーカーとお取引させていただいております。
  • バリューチェーン構築へのご支援
    当社グループは、グローバルエレクトロニクスプロバイダーとして、お客様に対して、商品のみならず価値そのものを提供いたします。
    具体的には、お客様の設計・開発から製造、販売に至る局面において、当社グループがその機能を一部補完することで、お客様のバリューチェーン構築を支援するために必要な付加価値の高い各種サービスを提供しております。
  • 充実した物流体制・倉庫
    当社は、東京都東大和市に自社倉庫を保有し、お客様にお届けする重要な商品の品質と安全性の確保に努めております。
    トレーサビリティ(原産国、デートコード、ロットナンバー等の管理)を確保し、万が一の不具合発生時に適切な対応ができるよう備えるとともに、温度、湿度を常時監視するシステムの導入、地震に対する耐震構造の強化、アクセスコントロールと監視カメラによるセキュリティ対策を施すことにより、商品の品質・安全性確保を実現しております。
  • 付加価値サービスのご提供(加工サービス等の提供)
    当社は、東京都東大和市にVA(Value Added)センターを有しております。
    VAセンターでは、書込みサービスや流通加工サービス(テーピング、レーザーマーキング等)のご提供を行っておりますが、さらにお客様のご要望に対応するため、各種検査・解析業務(信頼性試験、機能検査、外観検査、X線解析、光学解析等)、及び、品質管理業務を行うことのできる設備と体制を保有しております。
    これにより、お客様の負担を軽減し、コストダウンと品質確保といったお客様のニーズに対応しております。
  • グローバルサポート
    今後とも、お客様の海外生産へのシフトはますます拍車がかかるものと考えられ、エレクトロニクス商社も必然的にビジネスの主戦場は中国をはじめとしたアジア地域を中心とする海外となります。
    開発拠点や生産拠点を海外に移転するお客様が増加する状況に対応すべく、当社グループも事業戦略の重要項目に「海外展開の加速」を掲げ、中国をはじめとしたアジア地域での拠点網・人員の増強などを積極的に実施しております。
    これらの拠点を積極的に活用し、お客様のグローバル調達をサポート(Fulfillment ※)するとともに、お客様の海外における設計・開発を現地にてサポートいたします。

    ※ Fulfillmentとは、商品の注文から発送までの管理運営業務を指し、受注処理業務、商品の梱包・発注業務、在庫管理業務、代金請求業務、入金処理業務、苦情・問い合わせ等処理業務、返品・交換処理業務などの全体業務のことです。

  • グループ力
    豊田通商グループのネットワーク活用(国内・海外拠点網の相互活用)、商材の相互販売(共通顧客での取引強化)、事業効率化によるコスト削減など、当社グループの事業活動におけるシナジー効果創出を図っております。

当社グループは、これらの強みを最大限に活かし、お客様や仕入先にとって、今後とも、当社が「最高のビジネスパートナー」で有りつづけるべく全力を尽くします。

経営戦略

Q4.
中期経営計画/グループ事業戦略の内容は?
A4.

当社グループの経営方針・戦略については、こちらをご覧ください。

決算・財務情報

Q5.
決算期はいつですか?
A5.
3月31日です。
Q6.
財務情報はどうすればわかりますか?
A6.
財務情報はこちらでご覧いただけます。

その他

Q7.
公告掲載新聞はなんですか?
A7.
当社は電子公告を採用しており、当社の法定公告は、こちらのウェブサイトに掲示することとしております。
Q8.
環境問題への具体的な取組みは?
A8.
  • 地球環境問題が社会の構成員全てにかかわる重要問題であることを役員・社員全員が等しく理解し、企業としての社会的責任を強く自覚しつつ、地球環境保全活動に積極的に関与していく方針です。
  • 具体的には、全社に環境マネジメントシステム(EMS)を構築し、有害化学物質排出管理等、半導体商社特有の課題への対応を中心に活動を推進しております。
  • 当社は、認証機関であるロイド社による審査を経て、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を全事業所に加え、一部の海外子会社(シンガポール社、香港社)を対象に取得しております。
    これからも地球環境の保全と事業活動との調和を経営の最重要課題の一つとしてとらえ、全社員が環境活動を日々の業務の一環として、仕入先メーカーの協力を仰ぎ積極的に取り組んでまいります。

    詳細はこちらをご覧ください。
Q9.
社会的責任への取組みは?
A9.
  • 「社会の先端ニーズに情報と創意で応える」という当社の経営理念追及を通じ業績を向上させて、株主・投資家・取引先の皆様のご期待に応え、従業員とその家族への責任を果たしていきたいと考えております。
  • 当社は環境管理の世界標準であるISO14001認証を取得しておりますが、地球環境を自身の問題として捉え、業務の全ての分野において全社を挙げて可能な限り対応していく方針です。
  • 国際的に認められた体制と技術によってより質の高いレベルでの品質管理・品質保証を実行するために、品質管理の世界標準であるISO9001認証を取得いたしました。


ページの終わりですページの先頭へ戻る